あこがれの楽器が弾けるように

綺麗な姿勢

ピアノを弾くときに大事なことは、

音楽を楽しむこと、

そして、きれいな姿勢。

姿勢が整うと、奏でる音楽もすてきになります。


うた&リズム

30分のレッスンでは

うたったり、リズムをたたいたり、

ソルフェージュも

しっかり指導します。

挨拶

こんにちは、お願いします、ありがとうございます、さようなら。

玄関から靴をきれいにそろえて、

教室に来たら

自然と身につきます。

レッスンについて

あこがれのあの曲が弾けるようになりたい。
そんな人を応援します。

ぜひ一緒に音楽をたのしみましょう。

ピアノレッスン


ただいま、教室には4歳から中学生までの生徒さんが通っています。ピアノを中心に、指のかたちを整え、ワークブック、ソルフェージュ等、楽しくレッスンしており、

1年に一度ホールで発表会に参加しています。

チケット制レッスン

中学生から大人まで、決まった回数レッスンに通えない時は チケット制レッスンを導入しています。先にチケットを購入していただき、レッスンの前にスタンプをおします。     部活や勉強を両立させたいときに便利です。ピアノコースの他に声楽コースも準備しています。ベルカントで声帯に負担のかからない指導をしています。

教室の様子


香川県でRimmer(リマー)音楽教室を運営しています Ziab Rimmer(チープリマー)です こちらでは日々のレッスンのことや音楽のこと等つぶやいていきたいとおもいます。 どうぞよろしくおねがいします。
長い自粛期間、 みなさまにはいつもレッスンに協力的に参加していただき、感謝申し上げます。 自粛が始まり、 スムーズにオンラインレッスンに切り替えられ、 そして、子どもたちはその変化に柔軟に対応する力をもち、 通常レッスンとはまたちがう角度からレッスンでき、 子どもたちもとても成長できたと思います。 私自身が小さな画面からのぞくかわいい顔に癒やされたのはもちろん、 オンラインレッスンを経験することで、日々の演奏の上達、 大人(家族以外の大人との関わりで)とどれだけコミュニケーションがとれるかということ、 言葉で伝える力が急速についたことが大きかったと思います。 画面の向こうの私に一生懸命伝えようとする力、 伝えるために楽譜をしっかり見ていたこと、 自分が弾いているのはどこか、 常にアンテナをとがらせてレッスンしていたこと、 今の状況からつねにどうしようか考えて行動していたこと 自分で楽譜に書き込むと言うことはどこを演奏しているかちゃんと見ているということ、 30分、集中して画面と鍵盤と楽譜を追いかけ、 次のレッスンではちゃんと前回の課題を取り組むことができていて、 通常レッスンのそれ以上の収穫があったのではないかと思っています。 私自身もオンラインを考えた瞬間から毎日毎晩、 オンラインとは、 というところから始まり、 いろいろな種類のオンラインレッスンの講習会等に参加し、毎日感動と勉強でした。 これからもっともっとオンラインでの広がりははてしなく続き、 子どもたちは大人になったときに、 「私たちはリモート元年だから、 私たちからリモート学習がはじまったんだよ」 と次世代に伝えるのだろうな、 オンラインが当たり前に教育の中にも暮らしの中にも入っていくのだろうなと思います。 6月から学校も再開し、 いろいろなことが整っていくと思いますが、 コロナが落ち着いても、 オンラインレッスンを通常レッスンと同じようにいつでもできるような体制にしておきたいと思います。 オンラインレッスンの募集もかけるつもりですので、 これからもよろしくお願いいたします。
新規募集中です オンラインレッスン、自宅レッスン、どちらも募集していますので ご連絡お待ちしています

 

生徒さんの満足の声

はじめてのピアノのレッスン、どきどきしましたが、先生がやさしかったので娘もにこにこ楽しそうでした(4歳のママ)。 先生がおもしろい(小学生女子)。卒業式の伴奏や合唱の伴奏に選ばれてうれしい、先生が歌いながら指導してくれるのでよくわかる(中学生女子)。中学になり、運動部に入ったのでレッスンはむずかしいかな、とおもっていたけど、行けるときに見てもらえるのでうれしい。気分転換になっていいです(中学生男子)。